野球選手のための3分レッスン:テイクバック時には脇をリラックス

腕をスウィングする時、脇はりらっくすしていることはパフォーマスを上げるにも、怪我を予防するにも重要な要素です。

脇に力が入り過ぎてしまうと、当然、腕のスウィング スピードは遅くなります。遅くなるので強く腕を振ろうとして力が入り過ぎてしまい怪我の原因となります。

打撃の時も同様、よく脇を締めよと指導される光景を今まで見てきましたが脇を締めるために力が入るとバットスウィングスピードは減速してしまいます。

二つ目の動画はブルース・リーのジークンドーの先生の動画ですが腕を下ろす時に、腕に体重を乗せるためにはリラックスが重要だということを話されています。(動画 5:02のところから)

合わせて見ていただければと思います。

 

 

 

 

動き

肩こり、肩引きのこりへのセルフ整体

多くのかたがお持ちの肩こり、肩引き、背中の痛みやこり

辛いですよね。

これらの症状を解消するための方法を二種類紹介しますね。

一つはボールを使って、もう一つは運動で

一つしても良いし、二つしても良いです。

ご自身の好みに合わせて行ってくださいね!

くれぐれもやり過ぎにはご注意を!

気持ちの良い範囲で行ってください。

またエクササイズは初め10回程度から始めると良いですよ。

 

肩凝りや肩引きに関わる筋肉とその症状

 

ボールを使ったリリース法

 

 

エクササイズを通したリリース法

 

日頃のルーティンエクササイズ・・・アブローラー

私のルーティンはこれ!

5分バージョンと3分バージョンがありますが、今回は3分かバージョン

基本的にウエイトを使っての筋トレはしないのですが、自重か、このローラーを使って筋肉の刺激するために取り入れています。

何のために取り入れているのかというと、50歳でもいつでも、すぐに動ける体の準備としてやっています。

特に今は様々に自粛しているので、簡単に自宅で筋肉を刺激するにはもってこいです。

是非、この動画に合わせて筋肉を刺激して50歳すぎても気持ちよく動ける体の準備をしましょう!

使っているタイマーはこれ!

Timerというアプリを使っている。

 

動き

腕を思いっきりスウィングするために・・・テイクバック2

前回に続き流れるようなテイクバックのための動きのレッスン

今回は、写真のフェーズから自分にあったタイミングで肘が折り畳まれる感覚を掴むためのレッスンです。

肩や肘を痛めた選手には、筋肉の力を意識的に(場合によっては無意識的に)使って前腕を持ち上げているのを見かけます。

しかし、肘が折りたたまれるのは、自然に動きの過程の中で自動的に起こるのが望ましい!

そうすると極度に、必要以上に肘や肩に負荷がかかることを予防するでしょう!

自然に起こることは、無理がかかっていないことなので。

動き

腕を思いっきりスウィングするために・・・テイクバック1

前回、腕を思いっきりスウィングするために必要な動きの知識を簡単に説明しました。

今回はそこで説明したテイクバックのエクササイズを紹介いたします。

テイクバックが上手くいかないと、肩の高さより肘の位置が低い位置で腕をスウィングする事になるため、肩関節・肘関節への負荷が増大し痛めてしまう事につながります。

かと言って意識的に腕の位置を持ち上げてしまうことをしてしまうと、たちまち腕はしなやかさを失い、生きたボールを投げることができなくなります。

腕はムチのようにしならせて投げれることがいいのですが、しならせるためには各関節が自然なポジションに来ることが重要となります。

しかし自然なポジションもまた個人差が出ることも当然あります。

よって、身体が自然と動く位置、気持ちよく腕をスウィング動きの流れを作ることが重要となります。

では、

エクササイズを楽しんでください。

動き

投球障害予防:腕を思いっきりスウィングするために

投球動作のように腕をスウィングするために必要なこと、そして肩や肘、腰に負担がかかる要素を解説しています。

そして、

腕をスウィングするために必要な身体の動きのレッスンを以下の5つのポイントに合わせて動画で順次アップしていきます。

テイクバックの仕方

重心移動のタイミング

軸足バランス

スウィング側の使い方

ステップ足の使い方

について一人でできるエクササイズを紹介していきます。

 

是非、なんの違和感もなく、思いっきり腕をスウィングするための身体を仕上げてスポーツを楽しんでください。

動き

痛みは身体からのメッセージ

痛みをはじめとした不快な症状(場合によっては病気も)身体からのメッセージとして受け取ると非常に有り難いものと思えます。

これから数回にわたり痛みは身体からのメッセージとして受け取り、それをどのように解釈し、日々の生活に生かしていくのか

そして動画で紹介している動きのレッスンで、ご自身の身体の動きの質を高めていくことが痛みを解消していく一つの手段になり得ることを、お伝えしていきたいと思います。

第1回 痛みは身体からのメッセージ

第2回 ネバネバについて

第3回 ネバネバが身体に及ぼす影響について

第4回 ネバネバを解除するために

第5回 快適な身体と 自分らしくあるために

と続く予定です。

 

フェルデンクライス メソッド ワークショップ 2020.3.1

フェルデンクライス メソッド ワークショップのご案内

今回のテーマ「歩くことと走ること 体全体を繋げて走る・歩くためのレッスン」

 

 

 

 

 

 

人が歩いたり、走ったりするとき実は身体の様々な部位が連動して動いています。しかし、歩くときに膝が痛くなったり、腰が痛くなる人の多くは身体が連動するという非常に大切な機能がうまく作用していないことが多いのです。

うまく連動して機能していないから痛みが出ている部位に過剰な負荷がかかっているのです。

今回のレッスンでは「歩くことと走ること」に多く関わる肩・骨盤・背中のレッスンを準備しています。

肩・骨盤・背中が連動しだすことで、歩く動作、走る動作、立つ動作が非常に軽やかなものになるでしょう!

このワークショップに参加することで、
よって多くの人が抱える身体の問題である
【痛み】をはじめ
【姿勢が悪い方や、首や肩などに負担がかかっている方】
【体が硬く、コリがある方】
【ストレスレベルを下げたい方】
【歯ぎしりや、声が出にくい、目などの悩みがある方】
【スポーツのパフォーマスをあげたい方】
【リフレッシュしたい方】
【怪我や疲労からの素早い回復したい方】
【老化の影響を最小限にしたい方】のお役に立つでしょう。

また理学療法士をはじめとするセラピストや治療家、整体師、トレーナー、スポーツ競技の指導者の方々が、このレッスンに参加すると身体の動きや繋がり・連動を自分の体を通して理解することができるので、個々のクライアントさんに応じた徒手療法や運動療法のアイディアになったり、スポーツ競技の指導力を向上させたり、怪我を予防するヒントを得れるでしょう。

日 時:令和2年3月1日(日曜日)
時 間:10:00~12:30
会 場:雲仙市小浜公会堂(雲仙市小浜町北本町848番地)
講 師:田中 努(IFF フェルデンクライス メソッド プラクティショナー)
参加費:3,000円
会場の雲仙市小浜公会堂は、雲仙市小浜総合支所前の信号より山手に入るとすぐです。
総合支所の近くには島原バス営業所があるため、交通での便利な場所です

 

お申し込みフォーム

終了しました。

筋力トレーニングの違い

学生の頃の私自身の経験として、

学生の頃は筋トレをすれば野球が上達すると思い込んで取り組んだ。

毎日のトレーニングとプロテインで筋肥大をはかった。

お陰でベンチプレスを120キロ、スクワットでも相当の重量でセットを組めるようになった。

自分で言うものなんだが、かなり良い体型になっていた。

結果、バットは軽くなり、ブンブン触れる感覚になっていた。

が、飛距離は伸びず打率も下がる一方だった。

その時にもっと今の自分のように、ちゃんとした知識があればね!

この動画にあるように、

私が学生の時は、いつも利かすようなことを意識してやってたんですよね。

大きくするために!

筋トレに頑張っている多くの高校球児の参考になると思います

この動画に感謝⭐️

 

動き