肩の内旋と身体の連携エクササイズ

野球での投球動作やバドミントンのような腕をスウィングするスポーツでは肩の内旋可動範囲が制限されやすくなる傾向があります。逆に外旋の可動範囲は大きくなる傾向にあります

肩の内旋制限が強くなるとスウィングにネガティブな影響を与えかねません
場合によっては肩や肘の障害に繋がりかねません

このエクササイズは肩関節の内旋と身体の連動をスムーズにするエクササイズになります。

うまくできているポイントは動きが滑らかで音がしない事です。
決して無理のないように行ってください

 


 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)