小指側で軽く握る・・・不思議な力

小指側で軽く握る・・・不思議な力

今日、心身統一合氣道会の特別稽古会があり、そこで小指側で軽く握る重要性を改めて学んだ。

杖を使った稽古を行う中で、バドミントンのラケットを持つ時や、野球のバットを持つ時も同じだなあと思った。

ラケットも親指側で握ると動きが硬くなるので、小指側で握ります。しかも軽く、ふんわりとソフトに支える程度で持ちます。

その方がラケットワークがしやすい。

実は親指で握ると、前腕親指側(橈側)から肩周辺(三角筋や僧帽筋)に力が入るので肩のが上がり何かを背負ったようになりやすいので、腕のスウィングスピードが落ちるし、肩や肘への過緊張につながり、痛みが出やすい状態になったり、なりより疲労が起きやすいことが予想される。

しかし小指側で握ると小指側から背中(広背筋)から丹田へのラインがつながる感じがします。

この状態では、肩への過剰な力みは入りにくく、スウィングスピードを落としにく位ことが可能となることが予想されます。

結果、肩や肘に可能な負担がかからず障害につながりにくくなることが考えられる。

また、この丹田と感じる部位は心身統一合氣道でいう、臍下の一点というのかもしれない。

臍下の一点

天地は無限の半径で描いた無限の円周である。これを集約したものが我であり、さらに集約したものが臍下の一点である。

我々は天地の中心の一点を、下腹に包蔵しているのである。

この一点に心をしずめ統一し、天地に向かって無限の氣を発しよう。

とある。

合気道を通して、小指側をうまく使うことを改めて学んだ稽古でした。

腕を力強く振るには・・・下半身の使い方

腕を力強く振るには、下半身の安定は必須です。

特にピッチャーの場合、位置エネルギーをロスなく運動エネルギーに変換して腕をスウィングする時の下半身の安定は、速い力強いボールを投げるとともに、コントロールにも影響を与えます。

                                                 

特に、右ピッチャーの場合は右足で身体の安定を図りながら、位置エネルギーを運動エネルギーにエネルギーロスなく移行するために重要な役割を果たします。

そこで、ピッチャーは下半身を鍛えるために走り込みやウエイトトレーニングを行います。

多くの鍛えぬたピッチャーの下半身は見事なまでにビルドアップされています。

このようなトレーニグとともに、下半身がしっかりとグランドに根付いたような身体の使い方も重要な要素です。

昔みたブルースリーもそうだし、

68歳の私の合気道の先生も、押し倒せないくらいどっしりとしています。

しかし、実は上半身はリラックスしているのです。

私は学生の頃、かなりウエイトトレーニングに没頭した時があり、どちらかというとピッチャーをする時は、かなり力を使って安定を取ろうとしていました。

私の知ってるまったく違う身体の使い方が存在したのだと、これを知った時は興奮したくらいです。

 

でんでん太鼓エクササイズ

でんでん太鼓エクササイズは、なんと

スウィング動作だけでなく、武術にも!

スウィグの腕は勝手に振られるように・・・桑田真澄

桑田真澄さんが藤波選手への助言が素晴らしかった。

さすが、私のもっともモデルにしていた偉大なる投手!

藤波選手へのの助言で、

スウィングする腕は勝手に振られるように身体を使わなくてはならない。

そのことを自転車に例えて、

自転車でスピード出すには?

ハンドル頑張る?

足頑張る?と質問!

当然、足が頑張りますよね!

自転車のスピード出すのに、腕を優先的に頑張ることはしない。

ピッチングはじめスウィグ系の動作はほぼ共通していると思っています。

バドミントンのシュマッシュやハイクリアも同様です。

腕を早くスウィグするために、腕力を優先的に使うのではなく、腕は勝手にスウィングされるように使うのです。

スウィングする時はでんでん太鼓のように腕は勝手に振られるように身体を組織化することが大切。

 

 

桑田真澄さんと藤波選手の対談!

上肢と身体は鎖骨で繋がっている

実は腕は肩甲骨を通して鎖骨としか連絡を持っていないのです。

もっと頑丈なところと繋がっているイメージがあると思いますが、鎖骨が胸骨と連絡して身体と繋がっているのです。

腕は肩甲骨を介して鎖骨につながり

鎖骨は胸骨を連絡して

胸骨は肋骨と連絡して

肋骨は後ろで背骨と連絡する形で腕と身体は繋がっています。

スウィング動作において鎖骨と身体の繋がっているこの部位の機能は重要なのです。

特に肩甲骨と胸郭が分化して機能することはパフォーマンスをあげることやスポーツ障害を予防する上でも大切なことです。