吾郎、イップスからの復活・・・メジャー

たまたまメジャー(少年サンデーの野球漫画)をみていたら、

なんと主人公の吾郎はイップスになってるじゃないですか?

とにかく野球バカの主人公がイップスに!

イップスとは

ゴルフのパターやピアノの演奏といった緊張する場面で、突然手が動かなくなることがあり、手指の筋肉などに問題がないのに、思うように動かせない。

プロのような高いレベルに達した選手や音楽家が陥るケースが多く、専門的には「職業性ジストニア」と呼ばれる。

命にかかわる病気ではないが、選手生命などが失われる恐れもあるもので、パターなどのクラブが思うように打てなくなる症状は「イップス」と呼ばれ、子犬の甲高い声を英語で表す「yips」からつくられた造語。

1930年代に米国で活躍したプロゴルファーのトミー・アーマーがこの症状にかかって引退に追い込まれたのをきっかけに知られるようになった。

メジャーに戻って、

ざあ~と流し読みしただけなので詳しいストーリーは抜けているけど。

彼はライバルに打たれた後、無意識に結果を意識するようになっていた

メジャーデビュー戦でノーヒットノーランを達成する目前に身体が鉛のように重く硬くなって、最終的には自らマウンドを降りる事を選択。

さらに次の試合でもランナーを背負うと身体が鉛になってしまい言い訳をしながら、マウンドを降りようとする。

ランナーを背負えば背負うほど燃えるタイプ

ピンチなときが好きな選手が、ピンチになったりランナーを背負うと全く違う選手に!

野球バカでエネルギーが溢れんばかりの主人公から、それがなくなる!

実はメジャーという漫画の世界だけでなく、

現代は学校、スポーツ、ビジネス、あらゆる場面で結果が重要視される傾向が強くなっています。

私の業界でも結果に意識がいきすぎて、人生に疲れている人が多いです。

学校の成績でも、スポーツでも、ビジネスでも結果が全て。

しかし、結果を最重要視して取り組むと、結果的にうまくいかなくなる可能性が高まります。

途中でプレッシャーに潰されたり、ここ一番で能力を発揮できなかったり、結果が出ないことに落ち込んで調子を崩してしまったり、、

吾郎は、尊敬する偉大なピッチャーの姿勢から、自分の好きな野球を思い出し、なんのために野球をやっているのかに氣付くことで克服していったようだ。

このメジャーという漫画は、個人的には深い知識と洞察力が作り上げた物語と改めて思った漫画でした。

吾郎は、結果に執着せず、やっていることを楽しむことに切り替えれたんです。

そして、とにかくランナーを背負ったとき、ピンチになったときのプロセス自体を楽しめるように切り替えれたんですね。

という私もメンターに教えてもらって氣づいた1人です。

そして、世界一結果を出している人は、楽しむことを最重要視していることも教わりました。

僕は昔もいまも、変わらずサッカーを楽しんでいる。試合では、だいたいこんな感じさ。まず僕自身が楽しむ。その前提があってチームの勝利に貢献できるよう、チームメイトを助けられるよう、最高のプレーを披露できるように努力する。ー リオネル・メッシ

靴紐の結び方

しっかりと地面に立つためには、実は靴紐の結び方はかなり重要!

靴がしっかりと足にフィットしていなければ、せっかくの足の機能がうまく発揮できない場合があります。
発揮でないだけではなく、身体のバランスが大きく崩れ身体に障害を導きます。

身体をいつも健全に保つために、まさに足元をきちんと!

そこで、足マスターの古里先生のムービーは役に立ちます。

ぜひ参考に!

 

Uボードワーク・・・足の機能を取り戻す画期的エクササイズ

Uボードワーク・・・足の機能を取り戻す画期的エクササイズ

何が画期的かというと、

いつでも、どこでも、ながらにしながら足の機能を取り戻せます。

しかも、

足首がしっかりと引き締まった、アキレス腱が見える足首になります。

8月はこのu-Boardとフェルデンクライスレッスンをコラボレーションを行います。

足の機能に興味ある人はどなたでも参加できます。

どうぞお楽しみに!

 

足の機能を取り戻すエクササイズ・・・Uボードワーク

足はバランスの要

人が二足歩行を行うとき唯一、地面に接しているのが足です。

つまり、建物で例えると基礎にあたります。

建物も、この基礎がとても重要ですが、もしこの基礎が歪んでいたら忽ち欠陥住宅となり住み続けることが大変になります。

同様に人の身体の基礎である足が、足として機能していなければ身体は見事にバランスを崩していきます。

バランスが崩れると

腰痛・肩こり・膝通など身体に不調和な症状が誘発されます。

この足の機能を取り戻すエクササイズがUボードワークです。

ビデオでは、膝の痛みと片足立ち時の不安定性がUボードワークで改善した例です

 

フィシオエナジェティック基礎コースのご案内

フィシオエナジェティックとは?

簡単に表現すると、一人一人に備わっている自分自身の「内なるドクター」を呼び覚ますことです。

内なるドクターを自然治癒力と言ったりもします。

内なるドクターは、勝手に我々の体のメンテナンスを自動的にしてくれています。

しかし、現代の人たちは、身体に様々の重荷を背負っています。

その背負った重荷が、背負えないほど重くなってしまうと内なるドクターが機能できなくなり体から様々な悲鳴があがります。

その悲鳴には

痛み、しびれ、などの体の症状から気分が冴えない、やる気がでない、一日中ぼんやりして充実した日を送れない人、さらには、皮膚症状なども出る人もいるでしょう。

『フィシオエナジェティック』では、身体に背負いこんでしまった重荷を、どのように、どの順序で降ろしていくべきかをサポートする手法です。

重荷から解放された身体は自由になっていくでしょう。

『フィシオエナジェティック』はオーストリア・ウイーンのラファエル・ヴァン・アッシュD.O.が開発した「身体と直接コミュニケーションをとる方法」です。

ラファエル先生は、理学療法士としても活躍されていました。

フィシオエナジェティックは症状の裏に隠れた本当の原因を探ることが出来る検査法です。

ちょうどパソコンをイメージするとわかりやすいですが、例えばモニターに映し出された様々なものはキーボードから入力され、CPUで処理された結果、映し出されたものです。

いわばクライアントさんが訴えているのはモニターに映し出された映像のようなものです。

フィシオエナジェティックでは、この症状には配慮しながらも、キーボードとCPUの処理状況を見ていく手法のようなものです。

そして、フィシオエナジェティックで行う評価の特徴として、全身の筋肉の左右のバランスを見てます。

人間にある刺激を加えると左半身と右半身の筋肉連鎖の緊張度に差が出ます。そうすると結果として左右の腕の長さに違いがでます。その長さの左右差を利用して評価を進めていきます。

このダイレクトにコミュニケーションをとりながら進めることで原因不明の症状、不定愁訴の原因にたどり着けるようにします。

フィシオエナジェティックでは症状の原因を4つのレベルに分けて、どこからどのような方法で治療をおこなうべきかを評価していきます。

特に優先順位を見極める手法は今までにないものです。

ちょうど玉ねぎの皮を一枚一枚はがしていくようなイメージで優先順位に沿ってアプローチしていきます。

フィシオエナジェティックで見ていく4つのレベルの問題には

  • 身体構造の問題(骨格の歪み、筋肉、靭帯、関節、筋膜、椎間板、頭蓋縫合など)
  • 生体化学物質の問題(ホルモン、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、活性酸素、感染症、毒素、腸内環境、アレルギーなど)
  • 精神心理的問題(トラウマ、感情など)
  • 情報伝達や環境の問題(経絡の流れ、脳内神経伝達異常、電磁波、土地のストレスなど)があります。

さらに大きな特徴として、テストアンプルを使ってテストをおこないます。

フィシオエナジェティックを利用することで、なかなか原因がわからなかったお悩みの不快症状、不定愁訴の原因と対処法がわかります。

本当の原因は意外なところにあることが多いようです。

本当の原因がはっきり分かれば解決は意外なほど簡単です。

場合によっては意外な原因があることも!

基礎コースでは

フィシオエナジェテック概要および歴史
身体の仕組み
ホリステック的所見とは
フィシオエナジェテック共同開発者の研究紹介
(Dr.Nogier,Dr.Coll, Dr.Beardall, Dr.Schacter, Dr.Langer,etc.)
身体機能とデトックス
「4つの人体のレベル」全て紹介
(身体構造/精神的要因/経絡/オーラ/身体毒素)
4つの人体レベルそれぞれに対してのハンドモードの習得と各レベルへのアプローチ

これまで受講された専門家の方々

医師、看護師、オステオパス、理学療法士、歯科医師、鍼灸師、カイロプラクター、整体師、ホメオパス、薬剤師、獣医師、主婦(家族のため/基礎のみ)、柔道整復師、マッサージ師、エステシャン、各種セラピスト、etc…

今お持ちの専門性に代替医療・自然療法を取り入れたいプロの先生方におすすめします。(なお基礎クラスのみ小児患者の保護者の方ご参加できます)

 

[日程] :7月21日(土)22日(日)
[時間]: 10:00am ~ 18:00pm
[場所]: 品川サロン(都内)
[講師]: 田中 努 PT.
[申し込みフォーム]: http://ecobody.jp/contact/mail.cgi?id=apply4holisticexcellence

[公式ホームページ] :http://holistic-excellence.com