フェルデンクライス・ワークショップのご案内

フェルデンクライス メソッド ワークショップのご案内

7月テーマ「顔の感覚器と背骨のコンビネーション」

人は外界の情報を感覚器を通して受け取ります。

今回は、その中でも目・顎・舌と背骨にフォーカスしたレッスンを展開します。

目と背骨のつながり
舌と背骨のつながり
顎関節と背骨のつながり
そして目・舌・顎と背骨のダイナミックなつながりに発展させます。

自然な動きで“心地よい心と体”を一緒に作っていきませんか?

このレッスンを通して、気持ちよく体を動かして心(脳)を活性化し、
これまでの体の無駄な動きや、力の使い方に気づき、余分な力を入れず効率的に、
楽に自由に体を動かすことを学んでいきます。

このワークショップに参加することで、
よって多くの人が抱える身体の問題である
【痛み】をはじめ
【姿勢が悪い方や、首や肩などに負担がかかっている方】
【体が硬く、コリがある方】
【ストレスレベルを下げたい方】
【歯ぎしりや、声が出にくい、目などの悩みがある方】
【スポーツのパフォーマスをあげたい方】
【リフレッシュしたい方】
【怪我や疲労からの素早い回復したい方】
【老化の影響を最小限にしたい方】のお役に立つでしょう。

また理学療法士や柔道整復師をはじめとする治療家や整体師、スポーツ競技の指導者の方々が、このレッスンに参加すると身体の動きや繋がり・連動を自分の体を通して理解することができるので、個々のクライアントさんに応じた徒手療法や運動療法のアイディアになったり、スポーツ競技の指導者であれば、競技パフォーマンスを向上させたり、怪我を予防するヒントを得れるでしょう。

日 時:令和元年7月14日(日曜日)
時 間:10:30~16:00
会 場:雲仙市小浜公会堂(雲仙市小浜町北本町848番地)
講 師:田中 努(IFF フェルデンクライス メソッド プラクティショナー)
参加費:6,000円
会場の雲仙市小浜公会堂は、雲仙市小浜総合支所前の信号より山手に入るとすぐです。
総合支所の近くには島原バス営業所があるため、交通での便利な場所です





フェルデンクライス・メソッドについて

幸せとは?、と聞かれると私は迷わず、
「いつでも、どんなときでも自分らしくいること」だと答えます。

自分らしくいるからこそ、
スポーツを楽しむことができるし、
仕事もできるし、退屈がありません。

しかし現実を見てみるとどれだけ多くの人が、生きづらいと感じているか?
自分らしさを出せず、生きづらくなってしまうと心身ともに疲弊してしまい
痛みや緊張をはじめ、身体に様々の問題を引き起こします。

フェルデンクライスメソッドは、体の動きをとおして自分自身のことを知り、
自分らしさを引き出すソマティックエディケーションです。

ソマティックとは、「soma=生き生きとしたカラダ」という意味を持ちます。
そして、「ソマティック心理学」「ボディ・サイコセラピー」ともいわれる心理療法のジャンルや、
「ソマティックス」「ボディワーク」と呼ばれるジャンル、
また、「ダンス/ムーヴメント」のジャンルなどを含んだ、
「心身の統合」に関する領域の総称として使われています。(日本ソマティック心理学協会より)

つまりフェルデンクライスメソッドは、心身の調和と統合を図り、
「いつでも、どんなときでも自分らしくいること」をサポートしてくれます
ここが、私がこのメソッドの最も氣に入っているところです。

フェルデンクライス メソッドは、人間の機能、発達、学習の理解をベースにした
大変ユニークで、かつ洗練されたアプローチです。
動きやその感覚をから新しい動きのバリエーションを探索するこのメソッドは、
シンプルで効果的な方法と、応用の広さが特徴です。

よって、フェルデンクライス メソッドは

健康づくりと老化の予防のために
幼児・児童など、学習能力や潜在能力の開発のために
ダンス・演劇・音楽などの表現力・創造力開発向上のために
スポーツ・武道などの上達、動作の安全性・効率性の向上のために
けがや障害のある人の機能訓練の一環として
ストレスから心や身体を解き放つために
高齢者の自立生活実現のために

などなど幅広い分野で応用し活用されます。

メソッドのレッスンには、ニーズに合わせた二つの形式があります。
「動きを通しての気づき」(ATM : Awareness through Movement)というグループレッスンと、
「機能の統合」(FI : Functional Integration)というマンツーマンのレッスンです。

どちらの方法も、神経可塑性をベースに、より有効性の高い知的な行動に向かって自己を再組織化するプロセスを助けるためのものです。
フェルデンクライス メソッドは、私たちひとりひとりが本来持っている知性を喚起し、それを利用できるようにしていきます。

1件のトラックバック

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)