指先までリラックスを!

ボールを投げるにしても、

ボールを打つにしても、

シャトルを打つにしても、

可能な限り指先までリラックスすることは重要です。

一つ目の動画は、軽くでも握りっていたら手首の動きだけに依存された動きになります。

 

手首を痛めたり、テニス肘と言われる肘の痛みに繋がる可能性があります。また手首の動きを最大化するために体幹を固めると言う結果をもたらし、肩関節や脊柱の可動範囲を狭めることにもつながりかねません。

 

二つ目は、必要最低限でラケットを触ってる感じです。

 

このようにラケットを持つと、指の動きで、しかもこの場合小指の動きから、さらには手首の動きがテコとして働くので、軽い力で数倍のパワーとスピードが可能となります。

またこの条件だと、でんでん太鼓の動きのエネルギーがそのまま指の動きに連動するので少ないエネルギーで大きなエネルギーを生み出すことが可能になります。

しかも体を支点として働かせる必用がないので、次の動きにつながりやすくなるし、肩関節や脊柱の可動範囲を狭めることにもなりません。

 

スローダウンも取り入れよう!

肩を痛めたり、肘を痛めた選手がグランドに戻ったときに、 今まで同じ投げ方を、再び繰り返してしまうと再発に繋がる可能性があります。

何故ならば、人は早く動くとき、速いボールを投げるとき、遠くまでボールを投げるとき、脳にはすでに刻み込まれているパターンや自動操縦モードでできるパターンに陥るしか選択の余地がありません。

痛めた投げ方しか選択の余地がないので、また繰り返してしまします。

つまり何かができないときは、その能力がまだないときです。

能力を獲得するためには、脳がより細かく「違い」を捉え、無数の新しい神経細胞のつながりを作り、それが統合される必要があります。

その機会を作り出すためには、ボールを投げるときにそのペースをもいっきり落とすことが必要です。

「ゆっくり」は脳の注意を引き、体に起きていることを感じる時間を与えます。

ボールを持ったとき

ワインドワップのポジションを取ったとき

片足でバランス取ったポジションのとき

トップポジションのとき

リリースポイントのとき などなど・・・・

自分の中にブレーキをかけているのはどの時かなど 体に起きていることを感じる時間が必要な時が多々あります。

「ゆっくり」は感じる時間・気づく時間を与えてくれます。

バリエーション VS VSOP

VSOPとは昔私が学生だった頃に流行った?
言い回しです。

いつものブランデーをもじったのかな?
ベリー・スペシャル・ワンパターン
なんと古めかしい。

ところで

私がスウィング系のスポーツをしている選手にエクササイズを覚えて実施してもらうとき、例えば野球選手(特に投手)に対して、バドミントンを動きを行なってもらいます。

ハイクリアやスマッシュをしてもらいます。

投げる動きと打つ動きは非常に類似しております。

類似した動きをバリエーションとして取り入れることは脳に学びのスイッチを押すことになります。

学習についてこんな実験があるそうです。

脳科学者の研究チームがラットを4つのグループに分け、異なる活動をさせる実験を行いました。

1.強制的な運動をさせる(毎日決まった活動をさせる)
2.アクロバット(バラエティに富んだ障害物のある複雑なコースを与えて活動させる)
3.監禁(運動の機会をほとんど与えない)

研究チームが神経細胞をつなぐシナプス(の数を導き出したところ、
シナプスが多かったのはバリエーションを経験した「アクロバット」のグループでした。

ニューヨーク大学(メリッサ・シリング教授)の研究チームが、学習の効果について調べる研究を下記のようにしました。

1.囲碁だけを学ぶ
2.似ているゲームのオセロを同時に学びながら囲碁を学ぶ
3.無関係のカードゲームを同時に学びながら囲碁を学ぶ

結果は、1と3の学習率が同じだったのに対し、
関係のあるバリエーションをとりいれた2のグループは学習が有意に速いというものでした。

このことは、すでにできていることと、それに関連するバリエーションの組み合わさると、

もっと高い次元でできるようになったり、全く新しいことがなったりする参考になります。

かと言って、反復練習が悪いわけではありません。
反復練習もしてもらいます。

しかし、この反復練習が機械的になりすぎると学習が進歩することにブレーキをかけかねません。
一見、同じ動作の反復であってもその動作のなかに試行錯誤があったり、自分の思考や感覚が
違いを見極めるために働いていることが望ましいですね!

また反復練習は自信をつけ、信念を練り固めることにも大切なことは、言うまでもありません

認識を深める・・・分解するときも

ボールを投げる時

ラケットを振る時

脳の中でのイメージが肩の付け根あたり(いわゆる肩関節周辺)から

振っていると肩や肘に負担がかかりすぎて痛みに繋がることがよくあります。

そんなときは分解することも必要です。

分解することを分化と呼びます。

一つの細胞が、2つ、4つ、8つ・・・・と分かれていくことを分化と呼びます。

有名な立甲も、その位置付けで行えるようにしてもらいます。

まあ、はじめは出来ないことが多いですがすぐに可能になります。

ブルースリーも映画でやっています。

映画ではこの後、パンチの練習に入ります

高校生にもやってもらいます。

これができるようになると、肩甲骨と胸郭が分化したことになるし、

分化できれば、識別力も飛躍的にアップしています。

健康勉強会のご案内

『1回目』
ピタッとくる靴の選び方
~自分の足のサイズと靴のサイズ~

正しい足のサイズって、ご存知でしょうか?
足のサイズと靴のサイズは、違います。
正しいサイズの靴を履いていないことは、様々な足のトラブルの原因となります。
靴屋さんに行った時に、迷わない靴の選び方を学んでいただきます。

日 時:平成31年3月27日(水曜日)13:00~14:30
会 場:有喜ふれあい広場
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

『2回目』
足の病気を予防するための日々のフットケア
~巻き爪と外反母趾予防を中心に~

外反母趾の原因は、小さな靴を履いたり、ヒール靴を履くことと思っていませんか?
その反対に大きすぎる靴を履くことが、外反母趾の原因でもあります。
巻き爪の原因は、爪の間違った切り方や合わない靴を履くことなどです。
このような間違った知識やケアが、足トラブルの原因になっていることがあるのです。
足のトラブルを予防するために日常的にできる簡単な正しいケアを学んでいただきます。

日 時:平成31年4月25日(木曜日) 10:30~12:00
会 場:有喜ふれあい広場 
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

『3回目』
快く歩き、快く眠るための靴と枕の選び方

普段の仕事で履いている靴、普段の事務仕事で座っている椅子、毎日の睡眠時に使っている枕など
いずれも長い時間、身につけて使わないといけない大切な道具です。
そのため体にとっては良くも悪くも影響は少なくありません。
そのような道具を慎重に選ぶことは、健康を維持するための重要な要素です。
快適に歩くための靴の選び方、快適な睡眠を得るための枕の選び方を学んでいただきます。

日 時;日時;平成31年5月30日(木曜日) 13:30~15:00
会 場:有喜ふれあい広場
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

 

LINE@をはじめました。 

最新の勉強会・研修会の情報をいち早く連絡いたします。

よろしければ登録してください。

https://line.me/R/ti/p/%40auz8400c

お申し込みフォーム

参加日程 (必須)
『1回目』 ピタッとくる靴の選び方『2回目』 足の病気を予防するための日々のフットケア『3回目』 快く歩き、快く眠るための靴と枕の選び方

吾郎、イップスからの復活・・・メジャー

たまたまメジャー(少年サンデーの野球漫画)をみていたら、

なんと主人公の吾郎はイップスになってるじゃないですか?

とにかく野球バカの主人公がイップスに!

イップスとは

ゴルフのパターやピアノの演奏といった緊張する場面で、突然手が動かなくなることがあり、手指の筋肉などに問題がないのに、思うように動かせない。

プロのような高いレベルに達した選手や音楽家が陥るケースが多く、専門的には「職業性ジストニア」と呼ばれる。

命にかかわる病気ではないが、選手生命などが失われる恐れもあるもので、パターなどのクラブが思うように打てなくなる症状は「イップス」と呼ばれ、子犬の甲高い声を英語で表す「yips」からつくられた造語。

1930年代に米国で活躍したプロゴルファーのトミー・アーマーがこの症状にかかって引退に追い込まれたのをきっかけに知られるようになった。

メジャーに戻って、

ざあ~と流し読みしただけなので詳しいストーリーは抜けているけど。

彼はライバルに打たれた後、無意識に結果を意識するようになっていた

メジャーデビュー戦でノーヒットノーランを達成する目前に身体が鉛のように重く硬くなって、最終的には自らマウンドを降りる事を選択。

さらに次の試合でもランナーを背負うと身体が鉛になってしまい言い訳をしながら、マウンドを降りようとする。

ランナーを背負えば背負うほど燃えるタイプ

ピンチなときが好きな選手が、ピンチになったりランナーを背負うと全く違う選手に!

野球バカでエネルギーが溢れんばかりの主人公から、それがなくなる!

実はメジャーという漫画の世界だけでなく、

現代は学校、スポーツ、ビジネス、あらゆる場面で結果が重要視される傾向が強くなっています。

私の業界でも結果に意識がいきすぎて、人生に疲れている人が多いです。

学校の成績でも、スポーツでも、ビジネスでも結果が全て。

しかし、結果を最重要視して取り組むと、結果的にうまくいかなくなる可能性が高まります。

途中でプレッシャーに潰されたり、ここ一番で能力を発揮できなかったり、結果が出ないことに落ち込んで調子を崩してしまったり、、

吾郎は、尊敬する偉大なピッチャーの姿勢から、自分の好きな野球を思い出し、なんのために野球をやっているのかに氣付くことで克服していったようだ。

このメジャーという漫画は、個人的には深い知識と洞察力が作り上げた物語と改めて思った漫画でした。

吾郎は、結果に執着せず、やっていることを楽しむことに切り替えれたんです。

そして、とにかくランナーを背負ったとき、ピンチになったときのプロセス自体を楽しめるように切り替えれたんですね。

という私もメンターに教えてもらって氣づいた1人です。

そして、世界一結果を出している人は、楽しむことを最重要視していることも教わりました。

僕は昔もいまも、変わらずサッカーを楽しんでいる。試合では、だいたいこんな感じさ。まず僕自身が楽しむ。その前提があってチームの勝利に貢献できるよう、チームメイトを助けられるよう、最高のプレーを披露できるように努力する。ー リオネル・メッシ

靴紐の結び方

しっかりと地面に立つためには、実は靴紐の結び方はかなり重要!

靴がしっかりと足にフィットしていなければ、せっかくの足の機能がうまく発揮できない場合があります。
発揮でないだけではなく、身体のバランスが大きく崩れ身体に障害を導きます。

身体をいつも健全に保つために、まさに足元をきちんと!

そこで、足マスターの古里先生のムービーは役に立ちます。

ぜひ参考に!

 

Uボードワーク・・・足の機能を取り戻す画期的エクササイズ

Uボードワーク・・・足の機能を取り戻す画期的エクササイズ

何が画期的かというと、

いつでも、どこでも、ながらにしながら足の機能を取り戻せます。

しかも、

足首がしっかりと引き締まった、アキレス腱が見える足首になります。

8月はこのu-Boardとフェルデンクライスレッスンをコラボレーションを行います。

足の機能に興味ある人はどなたでも参加できます。

どうぞお楽しみに!

 

足の機能を取り戻すエクササイズ・・・Uボードワーク

足はバランスの要

人が二足歩行を行うとき唯一、地面に接しているのが足です。

つまり、建物で例えると基礎にあたります。

建物も、この基礎がとても重要ですが、もしこの基礎が歪んでいたら忽ち欠陥住宅となり住み続けることが大変になります。

同様に人の身体の基礎である足が、足として機能していなければ身体は見事にバランスを崩していきます。

バランスが崩れると

腰痛・肩こり・膝通など身体に不調和な症状が誘発されます。

この足の機能を取り戻すエクササイズがUボードワークです。

ビデオでは、膝の痛みと片足立ち時の不安定性がUボードワークで改善した例です

 

綱引きも姿勢が大事・・・腰と背中の痛み

スポーツにしろ、運動にしろなんであれフォームは重要な要素であることは間違いがない

写真はフォームがよければ、3倍の力が発揮されることを連想させるものですね。

以前、綱引きをされている人が相談に来られました

症状は腰痛・背中の痛みが中心でなかなか改善しないと

またこれらの症状は、綱引きをはじめてから出てきたということ

実際に、綱引きをしている時の動画を見せていただいたら、

まあ、姿勢が良くない感じ。

感じというのは、綱引きの姿勢についての知識がその当時は少なかったから

写真のような感じで引かれていた(以前のクライアントさんなので写真がないのです)

こんなフォームで腰を曲げて腕で引くのは、絶対に良くないよね!

この写真のようにフォームが綺麗だと身体の負担も全然違うだろうね

 

下記動画は綱引きのフォームがわかりやすい

しっかりと綱を引くためにはフォームが大事ですね