微妙なバランス:姿勢

姿勢は、ただ立っていても固定されたものではなく微妙な揺れながら中心バランスを察知しながら取っている。

筋肉の緊張を高めて姿勢を保持することも可能ですが、筋肉は疲労するしすぐに動けない、つまり機能的ではない姿勢になってしまいます。

普段の生活はじめ、スポーツにおいてもすぐに動ける姿勢というのは重要で、このすぐ動ける姿勢は、微妙に揺れて中心を感じながらバランスをとっています。

そんなイメージができればと思ってとった動画です。

 

 

動き

関節の話:骨格で身体を支えるために

前回は姿勢について話しましたが、今回は骨と骨をつなぐ関節についてです。

関節面は関節軟骨で覆われていますが、実は相当ツルツル

物体と物体の間の接触面には力が働きます。この力を摩擦力と言います。

摩擦による抵抗が大きいと止まり、抵抗が少ないとすbります。

この摩擦の程度を示すのに摩擦係数があり、この数字が低ければよく滑るということになります。

摩擦係数が低すぎれば滑って歩くのも大変になりますし、摩擦係数が高すぎれば歩くにも大きな力が要ります。

これは実験によるものですが、

摩擦係数
生体関節軟骨 0.02~0.005
氷と氷  0.03
鉄と氷(アイススケート)0.05

なんと氷と氷や氷と鉄の摩擦係数より、軟骨の摩擦係数は小さいのです。

ツルッツルということですね。

それだけに骨格で支えるには身体の、各関節の中心を捉えると身体は揺らぎながら安定します。

 

ということで関節の話をどうぞ!

動き

姿勢について・・・筋肉か、骨格か!

姿勢については、様々な解説がありますが、ここでは筋肉の力を使った立ち方と骨格を使った立ち方の違いについて書いています。

筋肉を使うと、つまり筋肉を緊張させて体を支えると関節を固定するようにしてしまうので動きが起こし難い事が起こりますし、関節を中心としたところが支点となるためその部位への負荷が過剰にかかりすぎる事が起こり得ます。

つまり痛めやすいことになります。

 

逆に骨格で支えると、そもそも骨は硬くで丈夫なので鉛直方向で重さを支えることは苦になりません。

この骨格を関節が適切なところで差さえ繋げれば最小限の筋緊張で体を支える事ができます。

まずはそのうような事がイメージできればと思い話しています。

 

動き

野球選手のための3分レッスン:テイクバック時には脇をリラックス

腕をスウィングする時、脇はりらっくすしていることはパフォーマスを上げるにも、怪我を予防するにも重要な要素です。

脇に力が入り過ぎてしまうと、当然、腕のスウィング スピードは遅くなります。遅くなるので強く腕を振ろうとして力が入り過ぎてしまい怪我の原因となります。

打撃の時も同様、よく脇を締めよと指導される光景を今まで見てきましたが脇を締めるために力が入るとバットスウィングスピードは減速してしまいます。

二つ目の動画はブルース・リーのジークンドーの先生の動画ですが腕を下ろす時に、腕に体重を乗せるためにはリラックスが重要だということを話されています。(動画 5:02のところから)

合わせて見ていただければと思います。

 

 

 

 

動き

日頃のルーティンエクササイズ・・・アブローラー

私のルーティンはこれ!

5分バージョンと3分バージョンがありますが、今回は3分かバージョン

基本的にウエイトを使っての筋トレはしないのですが、自重か、このローラーを使って筋肉の刺激するために取り入れています。

何のために取り入れているのかというと、50歳でもいつでも、すぐに動ける体の準備としてやっています。

特に今は様々に自粛しているので、簡単に自宅で筋肉を刺激するにはもってこいです。

是非、この動画に合わせて筋肉を刺激して50歳すぎても気持ちよく動ける体の準備をしましょう!

使っているタイマーはこれ!

Timerというアプリを使っている。

 

動き

腕を思いっきりスウィングするために・・・テイクバック2

前回に続き流れるようなテイクバックのための動きのレッスン

今回は、写真のフェーズから自分にあったタイミングで肘が折り畳まれる感覚を掴むためのレッスンです。

肩や肘を痛めた選手には、筋肉の力を意識的に(場合によっては無意識的に)使って前腕を持ち上げているのを見かけます。

しかし、肘が折りたたまれるのは、自然に動きの過程の中で自動的に起こるのが望ましい!

そうすると極度に、必要以上に肘や肩に負荷がかかることを予防するでしょう!

自然に起こることは、無理がかかっていないことなので。

動き

腕を思いっきりスウィングするために・・・テイクバック1

前回、腕を思いっきりスウィングするために必要な動きの知識を簡単に説明しました。

今回はそこで説明したテイクバックのエクササイズを紹介いたします。

テイクバックが上手くいかないと、肩の高さより肘の位置が低い位置で腕をスウィングする事になるため、肩関節・肘関節への負荷が増大し痛めてしまう事につながります。

かと言って意識的に腕の位置を持ち上げてしまうことをしてしまうと、たちまち腕はしなやかさを失い、生きたボールを投げることができなくなります。

腕はムチのようにしならせて投げれることがいいのですが、しならせるためには各関節が自然なポジションに来ることが重要となります。

しかし自然なポジションもまた個人差が出ることも当然あります。

よって、身体が自然と動く位置、気持ちよく腕をスウィング動きの流れを作ることが重要となります。

では、

エクササイズを楽しんでください。

動き

投球障害予防:腕を思いっきりスウィングするために

投球動作のように腕をスウィングするために必要なこと、そして肩や肘、腰に負担がかかる要素を解説しています。

そして、

腕をスウィングするために必要な身体の動きのレッスンを以下の5つのポイントに合わせて動画で順次アップしていきます。

テイクバックの仕方

重心移動のタイミング

軸足バランス

スウィング側の使い方

ステップ足の使い方

について一人でできるエクササイズを紹介していきます。

 

是非、なんの違和感もなく、思いっきり腕をスウィングするための身体を仕上げてスポーツを楽しんでください。

動き

筋力トレーニングの違い

学生の頃の私自身の経験として、

学生の頃は筋トレをすれば野球が上達すると思い込んで取り組んだ。

毎日のトレーニングとプロテインで筋肥大をはかった。

お陰でベンチプレスを120キロ、スクワットでも相当の重量でセットを組めるようになった。

自分で言うものなんだが、かなり良い体型になっていた。

結果、バットは軽くなり、ブンブン触れる感覚になっていた。

が、飛距離は伸びず打率も下がる一方だった。

その時にもっと今の自分のように、ちゃんとした知識があればね!

この動画にあるように、

私が学生の時は、いつも利かすようなことを意識してやってたんですよね。

大きくするために!

筋トレに頑張っている多くの高校球児の参考になると思います

この動画に感謝⭐️

 

動き