フェルデンクライス メソッド ワークショップ 2020.3.1

フェルデンクライス メソッド ワークショップのご案内

今回のテーマ「歩くことと走ること 体全体を繋げて走る・歩くためのレッスン」

 

 

 

 

 

 

人が歩いたり、走ったりするとき実は身体の様々な部位が連動して動いています。しかし、歩くときに膝が痛くなったり、腰が痛くなる人の多くは身体が連動するという非常に大切な機能がうまく作用していないことが多いのです。

うまく連動して機能していないから痛みが出ている部位に過剰な負荷がかかっているのです。

今回のレッスンでは「歩くことと走ること」に多く関わる肩・骨盤・背中のレッスンを準備しています。

肩・骨盤・背中が連動しだすことで、歩く動作、走る動作、立つ動作が非常に軽やかなものになるでしょう!

このワークショップに参加することで、
よって多くの人が抱える身体の問題である
【痛み】をはじめ
【姿勢が悪い方や、首や肩などに負担がかかっている方】
【体が硬く、コリがある方】
【ストレスレベルを下げたい方】
【歯ぎしりや、声が出にくい、目などの悩みがある方】
【スポーツのパフォーマスをあげたい方】
【リフレッシュしたい方】
【怪我や疲労からの素早い回復したい方】
【老化の影響を最小限にしたい方】のお役に立つでしょう。

また理学療法士をはじめとするセラピストや治療家、整体師、トレーナー、スポーツ競技の指導者の方々が、このレッスンに参加すると身体の動きや繋がり・連動を自分の体を通して理解することができるので、個々のクライアントさんに応じた徒手療法や運動療法のアイディアになったり、スポーツ競技の指導力を向上させたり、怪我を予防するヒントを得れるでしょう。

日 時:令和2年3月1日(日曜日)
時 間:10:00~12:30
会 場:雲仙市小浜公会堂(雲仙市小浜町北本町848番地)
講 師:田中 努(IFF フェルデンクライス メソッド プラクティショナー)
参加費:3,000円
会場の雲仙市小浜公会堂は、雲仙市小浜総合支所前の信号より山手に入るとすぐです。
総合支所の近くには島原バス営業所があるため、交通での便利な場所です

 

お申し込みフォーム

終了しました。

たった3つのエクササイズで、7年間の痛みから解放!

7年間の痛みと補装具から解放されるのに行なったのは、数多くあるバリエーションの中から選ばれた3つのエクササイズ!

マニュアルコンタクトの理学療法も他のセラピーもなしで

やり方を覚えてもらって、実践しただけ。

その、

たった3つのエクササイズがこちら

なぜ、この3つの選択したのか?
都甲先生に直接聞きたいですね。

どのようなところに配慮して、
どこに着目して
このたった3つに選択したのか?

直接聞けるのはこの日です。

6月2日 日曜日

長崎は温泉で有名な小浜で行います。

ご興味がある方は、理学療法士はじめ治療の専門家、健康や体操に興味ある方はどなたでも参加できます。

ぜひ、ご参加を検討ください。

お申し込みは下記ページより

https://tanaka-tsutomu.com/tgegoscue/

 

エゴスキューのパッチとは?

エゴスキューエクササイズの中にあるパッチとは(これはあくまでも私見です)?

日常の中で繰り返される動きは、そのほとんどが非対称性の動きです。

歯磨きの手も

車のドアを開ける手も

包丁を使う手も

スポーツはそれがさらに強調されます。

ボールを投げる手の

ラケットを持つ手も

ボールを蹴る足も

ほぼ決まっていますよね。

 

利き手もしくは利き足を主に使います。

左右の使用頻度に大きな差があります。

むしろ非利き手汗を使うと違和感すらあります。

大抵は非実用的です。

故に、身体は普通の生活

普通にスポーツをしていれば、

さらに長く激しく行えば、当然歪んで来ます。

当たり前の結果です。

この歪みの程度が、その人の限界を超えると痛みを主とした様々の症状が出てきます。

エゴスキューエクササイズ(以下E-サイズ)は前後左右のバランスを整え、関節の可動範囲を広げます。

しかもシンプルなエクササイズなので、安心してどなたでも行うことが出来ます。

これだけでも身体の変化は相当なものです。

パッチは、前後左右に整えた身体を機能的に動ける身体に導いてくれます。

またパッチの動きの素晴らしいとことは、動きの制約を利用して、導きたい身体の動きを創出してくれるよう見事に組み立てられているところです。

この辺りは直接アドバイスを頂かないと見よう見まねでは得られないところでしょう。

だからこそ、痛みが長い間あって、動くことが怖くなってしまった身体を、解放してくれます。

 

今回はE-サイズとパッチを贅沢に盛り込んだワークショップです。

ちなみに日本でパッチを指導出来る公認インストラクターは、僅か3名だけ!

身体の専門家である理学療法士で、

現役の体操クラブの選手を育成し、

アスレチックトレーナーでもあるのは都甲先生のみです。

こんなプロフェッショナルの方からエゴスキューを学んでみませんか^_^

 

お申込みは下記のページから

https://tanaka-tsutomu.com/tgegoscue/

健康勉強会のご案内

『1回目』
ピタッとくる靴の選び方
~自分の足のサイズと靴のサイズ~

正しい足のサイズって、ご存知でしょうか?
足のサイズと靴のサイズは、違います。
正しいサイズの靴を履いていないことは、様々な足のトラブルの原因となります。
靴屋さんに行った時に、迷わない靴の選び方を学んでいただきます。

日 時:平成31年3月27日(水曜日)13:00~14:30
会 場:有喜ふれあい広場
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

『2回目』
足の病気を予防するための日々のフットケア
~巻き爪と外反母趾予防を中心に~

外反母趾の原因は、小さな靴を履いたり、ヒール靴を履くことと思っていませんか?
その反対に大きすぎる靴を履くことが、外反母趾の原因でもあります。
巻き爪の原因は、爪の間違った切り方や合わない靴を履くことなどです。
このような間違った知識やケアが、足トラブルの原因になっていることがあるのです。
足のトラブルを予防するために日常的にできる簡単な正しいケアを学んでいただきます。

日 時:平成31年4月25日(木曜日) 10:30~12:00
会 場:有喜ふれあい広場 
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

『3回目』
快く歩き、快く眠るための靴と枕の選び方

普段の仕事で履いている靴、普段の事務仕事で座っている椅子、毎日の睡眠時に使っている枕など
いずれも長い時間、身につけて使わないといけない大切な道具です。
そのため体にとっては良くも悪くも影響は少なくありません。
そのような道具を慎重に選ぶことは、健康を維持するための重要な要素です。
快適に歩くための靴の選び方、快適な睡眠を得るための枕の選び方を学んでいただきます。

日 時;日時;平成31年5月30日(木曜日) 13:30~15:00
会 場:有喜ふれあい広場
参加費:500円
講 師:古里尚也先生(理学療法士)

 

LINE@をはじめました。 

最新の勉強会・研修会の情報をいち早く連絡いたします。

よろしければ登録してください。

https://line.me/R/ti/p/%40auz8400c

お申し込みフォーム

参加日程 (必須)
『1回目』 ピタッとくる靴の選び方『2回目』 足の病気を予防するための日々のフットケア『3回目』 快く歩き、快く眠るための靴と枕の選び方

フィシオエナジェティック基礎コースのご案内

フィシオエナジェティックとは?

簡単に表現すると、一人一人に備わっている自分自身の「内なるドクター」を呼び覚ますことです。

内なるドクターを自然治癒力と言ったりもします。

内なるドクターは、勝手に我々の体のメンテナンスを自動的にしてくれています。

しかし、現代の人たちは、身体に様々の重荷を背負っています。

その背負った重荷が、背負えないほど重くなってしまうと内なるドクターが機能できなくなり体から様々な悲鳴があがります。

その悲鳴には

痛み、しびれ、などの体の症状から気分が冴えない、やる気がでない、一日中ぼんやりして充実した日を送れない人、さらには、皮膚症状なども出る人もいるでしょう。

『フィシオエナジェティック』では、身体に背負いこんでしまった重荷を、どのように、どの順序で降ろしていくべきかをサポートする手法です。

重荷から解放された身体は自由になっていくでしょう。

『フィシオエナジェティック』はオーストリア・ウイーンのラファエル・ヴァン・アッシュD.O.が開発した「身体と直接コミュニケーションをとる方法」です。

ラファエル先生は、理学療法士としても活躍されていました。

フィシオエナジェティックは症状の裏に隠れた本当の原因を探ることが出来る検査法です。

ちょうどパソコンをイメージするとわかりやすいですが、例えばモニターに映し出された様々なものはキーボードから入力され、CPUで処理された結果、映し出されたものです。

いわばクライアントさんが訴えているのはモニターに映し出された映像のようなものです。

フィシオエナジェティックでは、この症状には配慮しながらも、キーボードとCPUの処理状況を見ていく手法のようなものです。

そして、フィシオエナジェティックで行う評価の特徴として、全身の筋肉の左右のバランスを見てます。

人間にある刺激を加えると左半身と右半身の筋肉連鎖の緊張度に差が出ます。そうすると結果として左右の腕の長さに違いがでます。その長さの左右差を利用して評価を進めていきます。

このダイレクトにコミュニケーションをとりながら進めることで原因不明の症状、不定愁訴の原因にたどり着けるようにします。

フィシオエナジェティックでは症状の原因を4つのレベルに分けて、どこからどのような方法で治療をおこなうべきかを評価していきます。

特に優先順位を見極める手法は今までにないものです。

ちょうど玉ねぎの皮を一枚一枚はがしていくようなイメージで優先順位に沿ってアプローチしていきます。

フィシオエナジェティックで見ていく4つのレベルの問題には

  • 身体構造の問題(骨格の歪み、筋肉、靭帯、関節、筋膜、椎間板、頭蓋縫合など)
  • 生体化学物質の問題(ホルモン、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、活性酸素、感染症、毒素、腸内環境、アレルギーなど)
  • 精神心理的問題(トラウマ、感情など)
  • 情報伝達や環境の問題(経絡の流れ、脳内神経伝達異常、電磁波、土地のストレスなど)があります。

さらに大きな特徴として、テストアンプルを使ってテストをおこないます。

フィシオエナジェティックを利用することで、なかなか原因がわからなかったお悩みの不快症状、不定愁訴の原因と対処法がわかります。

本当の原因は意外なところにあることが多いようです。

本当の原因がはっきり分かれば解決は意外なほど簡単です。

場合によっては意外な原因があることも!

基礎コースでは

フィシオエナジェテック概要および歴史
身体の仕組み
ホリステック的所見とは
フィシオエナジェテック共同開発者の研究紹介
(Dr.Nogier,Dr.Coll, Dr.Beardall, Dr.Schacter, Dr.Langer,etc.)
身体機能とデトックス
「4つの人体のレベル」全て紹介
(身体構造/精神的要因/経絡/オーラ/身体毒素)
4つの人体レベルそれぞれに対してのハンドモードの習得と各レベルへのアプローチ

これまで受講された専門家の方々

医師、看護師、オステオパス、理学療法士、歯科医師、鍼灸師、カイロプラクター、整体師、ホメオパス、薬剤師、獣医師、主婦(家族のため/基礎のみ)、柔道整復師、マッサージ師、エステシャン、各種セラピスト、etc…

今お持ちの専門性に代替医療・自然療法を取り入れたいプロの先生方におすすめします。(なお基礎クラスのみ小児患者の保護者の方ご参加できます)

 

[日程] :7月21日(土)22日(日)
[時間]: 10:00am ~ 18:00pm
[場所]: 品川サロン(都内)
[講師]: 田中 努 PT.
[申し込みフォーム]: http://ecobody.jp/contact/mail.cgi?id=apply4holisticexcellence

[公式ホームページ] :http://holistic-excellence.com