フェルデンクライス ワークショップ ショーギコラボ2020.3.29

テーマ
「Spine 背骨の機能を引き上げる」
身体操法をセラピーに応用する
(フェルデンクライスのアイディアと武術のコラボレーション)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のワークショップ、武道とのコラボ企画の主な内容は

フェルデンクライス レッスンで新しいものを学びやすくするために感受性豊かな状態にします(ATMレッスンを数種類)。

そのあとに講師の加賀山さんに彼が今まで臨床と武道・武術を繋げてきたものを即臨床で使えるような形で進めていただこうと思います。

例えば

・身体の繋がりの検証ワークとセラピーへの応用

・足の使い方のワークとセラピーへの応用

・呼吸で自分を有利にするワークとセラピーへの応用

・相手の気を感じ取ることをセラピーに利用する

そのほかにも

・施術の手をつくるワーク

・セラピストに必要な手が暖かくなる方法

・肩〜指先の流れを意識することをセラピーに応用する
(筋膜との関連性)

・腕を握られた状態で相手を動かすことをセラピーに応用する

・もたれない姿勢、立ち方

・身体を捻らない事の重要性

・コネクトすることの重要性

・極められた状態からの脱出するアイディをセラピーに応用する

・身体を収縮させずに使うとはどいうことか?

・セラピストのためのワニ歩き

・肩回しにて手の力を伝えることの重要性などなど、時間が許す限りトピック的に学びを深めていこうと考えています。

講 師:加賀山肇
田中 努
会 場:小浜公会堂(〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町849)

参加費:7000円

講師プロフィール(加賀山肇)
幼少期に父親の肩叩きやマッサージをしていく中で独自に人の身体が変わる感覚に気付き、
大学時代に至るまで空手やマッサージ、機械体操、音楽、心理学を経て人の身体や心の仕組みに興味を持つ。

2008年理学療法士国家資格を取得後、10年以上病院勤務や訪問リハビリを経験。
仕事の傍ら音楽や心理学、物理、古武道、格闘術、整体、能力開発、
自然療法などを学びながら研究し独自の施術法を開発。

現在は整形外科で勤務しながら起業や個人への自費診療、
地元大阪を中心に全国各地にて一般の方や同業者を始め
プロへのセルフケアや技術指導を行っている。

ここ数年はロシアの武術であるシステマを中心に学んでおあり、
身体操法、セラピー、マッサージの独自の研究開発をしている

お申し込みフォーム





コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)