胸骨・・・サーフボードのように

胸骨の位置
胸骨はちょうど身体(胸郭)の中心に位置して、肋骨を介して背骨と連結しています。

胸骨動き
つまり胸骨がサーフボードのように前後・上下・左右・8の字に自由に動くということは肋骨がアコーディオンのように動き、背骨はしなやかに動けることとでもある。
続きを読む…

肩甲骨を自由に・・・立甲

中学生のころテレビで見たかっこいい肉体!

まさに男の憧れの肉体
ブルースリー
ドラゴンへの道より

映画の中でブルースリーがトレーニングをしているのをみて、よく真似ていたのが立甲(と言う
続きを読む…

リラックスするほど強くなる

先日、このような図に出会った。

リラックスした状態が筋力の発揮することをイメージしやすいので感動した。

Stiffは筋肉が緊張して硬くなった状態

Freeは筋肉がリラックスした状態

矢印の幅が筋肉の収縮幅を示す。
続きを読む…

スウィング動作に必要な姿勢

ボールを遠くまで投げる時、バドミントンのシャトルを力強く打つ時には身体はリラックスしつつ、安定した力強さが必要。

一見矛盾に思える身体の状態が必要。

積み木を重ねているように自分の骨格で支えているイメージ。
続きを読む…

Good useな姿勢・・・姿勢・動作の階層

さまざまなスポーツにおいて姿勢は重要な要素です。

姿勢が悪いと、動作においてバランスを崩しパフォーマンスが下がる。

しかし、ここでは見た目の左右対称の要素も重要ではあるが、位置の正しさより、力みがなく、すぐに自由に動ける姿勢の状態を良い姿勢としています。
続きを読む…

脛骨と腓骨の機能分化

脛骨と腓骨の分化
 

脛骨は体重支持

腓骨はショック吸収や足からのねじれに関与します。

それぞれ違う機能を担う二つの骨が未分化のまま、一本の骨のように使われてしまうとバランス能力が低下するし、足部から伝達されるパワーが低下しパフォーマンスもさがります。
続きを読む…