脛骨と腓骨の機能分化

脛骨と腓骨の分化

 

脛骨は体重支持

腓骨はショック吸収や足からのねじれに関与します。

それぞれ違う機能を担う二つの骨が未分化のまま、一本の骨のように使われてしまうとバランス能力が低下するし、足部から伝達されるパワーが低下しパフォーマンスもさがります。

さらに脛骨と腓骨が未分化のまま使っていると足首はもとより膝、股関節、腰、背骨、肩甲帯への影響が多大。

平成30年3月19日〜23日までの5日間行われたアラン・クェステルによるフェルデンクライス・アドバンスコースでは、踵の前に重心がかかるようにすると立ちやすく、歩きやすくなることを学んだ。

アラン・クェステル氏の写真はフェルデンクライス・ジャパンのウェブサイトから

 

踵の前に重心が来ることは、脛骨の軸を身体の重さが通っていること。

この改善には身体感覚を高めて、脛骨で体重を支持するように身体の再教育を行うことだ。

脛骨で体重を支持するように身体の再教育訓練する、もっとも手軽にできるのがUボードワーク。

このボードを使い、古里尚也先生が組み立てたプログラムを実践すれば、この機能が劇的に改善することを実感します。

開発者である理学療法士の古里尚也先生、ありがとうございます。

捻挫後の私の足首2

無意識にかばうことで固めてしまっていた私の足首は、本来の機能を忘れていたようだ。

とりわけ、下腿を構成している脛骨と腓骨の機能が破綻していたようだ。

足をかばうことで、足首を固めた結果、下腿を一本の棒のように使う癖が付いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

本来は二本の骨が別々の機能を担う。

脛骨は体重支持

腓骨はショック吸収や足からのねじれを可能にします。

私が投手をしていた時に、この機能が破綻し、筋肉の力で「立ち、バランスを取っていた」ことを思い出す。

筋力で立っていたので、よくふらついていたことを思いだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

このことより、下肢からの力の伝達が弱くなることと、コントロールが悪くなった。

 

 

 

 

 

 

証拠に、当時の画像はないが、投球(右投げ)時に右足がマウンドをざっくりとえぐりながら投げていた。

 

動き

捻挫後の私の足首

機能的に動いていなかった私の足首

中学生の頃、右足首の捻挫の経験がある。

足首が大きく腫れて、体重をかけるのが辛かった記憶がある。

若い時は、全く氣づかなかったが、ちょっと前までは相当足首を固めていた。

特に、ジョギングやバドミントンなど運動をする時に!

決して硬くなっているわけではないが、かばうために固めている。

怖いので、無意識のうちにそうしている。

そのため、走れば痛くなるし、

 

 

 

 

 

片足立ち(ピッチング)の時にはバランスが悪くフラフラする。

 

 

 

 

 

 

バドミントンでは最初の一歩が居着いてしまう。

 

感情