統一体とは・・・心身統一合氣道会

私が学ばせていただいている、心身統一合氣道会で言う所の統一体の状態になると、安定した姿勢になります。

ピッチャーが片足で立っていても安定した状態になります。

安定していると、ピッチャーとしては視野が広がり、バッターの癖が見抜きやすくなります。

視野が広いと、どこに投げれば討ちとれそうが投げる場所がわかります。もちろん絶対ではないですが・・・・

視野が広いと、さらに脱力がプレー中も持続できるのでピッチャー返しの強打が来ても処理しやすくなります。

元巨人軍の桑田真澄投手は、グラブサバキ、フィールディングは美しかった。

もちろんバッターも場合も統一体だと、全身の力が抜けているのでバットコントロールがしやすくなります。

宗主の藤平光一氏から王貞治氏が学び、野球に活用したことで有名。(写真は心身統一合氣道会ホームページより)

 

自然な姿勢には、自然な安定があります。反対に、不自然な姿勢、身体に力みがある姿勢や虚脱状態の姿勢には安定がありません。統一体では、意識しなくても自然に姿勢が安定しています。さらに、動いている間も統一体が維持出来る様に稽古します。統一体が身に付くと、運動能力は向上し、怪我に強い身体になります。(心身統一合氣道会ホームページより)

つまり、ピッチングやバドミントンのスマッシュのときに、そのフォームが安定して全身の力が抜けているので、でんでん太鼓のように勝手に腕が振られるようになります。

心身統一の4大原則があり、これは心身統一するための具体的な方法です。

1、臍下の一点に心をしずめて統一する

2、全身の力を完全に抜く

3、身体の総ての部分の重みを、その最下部におく

4、氣を出す

 

動き

小指側で軽く握る・・・不思議な力

小指側で軽く握る・・・不思議な力

今日、心身統一合氣道会の特別稽古会があり、そこで小指側で軽く握る重要性を改めて学んだ。

杖を使った稽古を行う中で、バドミントンのラケットを持つ時や、野球のバットを持つ時も同じだなあと思った。

ラケットも親指側で握ると動きが硬くなるので、小指側で握ります。しかも軽く、ふんわりとソフトに支える程度で持ちます。

その方がラケットワークがしやすい。

実は親指で握ると、前腕親指側(橈側)から肩周辺(三角筋や僧帽筋)に力が入るので肩のが上がり何かを背負ったようになりやすいので、腕のスウィングスピードが落ちるし、肩や肘への過緊張につながり、痛みが出やすい状態になったり、なりより疲労が起きやすいことが予想される。

しかし小指側で握ると小指側から背中(広背筋)から丹田へのラインがつながる感じがします。

この状態では、肩への過剰な力みは入りにくく、スウィングスピードを落としにく位ことが可能となることが予想されます。

結果、肩や肘に可能な負担がかからず障害につながりにくくなることが考えられる。

また、この丹田と感じる部位は心身統一合氣道でいう、臍下の一点というのかもしれない。

臍下の一点

天地は無限の半径で描いた無限の円周である。これを集約したものが我であり、さらに集約したものが臍下の一点である。

我々は天地の中心の一点を、下腹に包蔵しているのである。

この一点に心をしずめ統一し、天地に向かって無限の氣を発しよう。

とある。

合気道を通して、小指側をうまく使うことを改めて学んだ稽古でした。

動き