腕を思いっきりスウィングするために・・・テイクバック1

前回、腕を思いっきりスウィングするために必要な動きの知識を簡単に説明しました。

今回はそこで説明したテイクバックのエクササイズを紹介いたします。

テイクバックが上手くいかないと、肩の高さより肘の位置が低い位置で腕をスウィングする事になるため、肩関節・肘関節への負荷が増大し痛めてしまう事につながります。

かと言って意識的に腕の位置を持ち上げてしまうことをしてしまうと、たちまち腕はしなやかさを失い、生きたボールを投げることができなくなります。

腕はムチのようにしならせて投げれることがいいのですが、しならせるためには各関節が自然なポジションに来ることが重要となります。

しかし自然なポジションもまた個人差が出ることも当然あります。

よって、身体が自然と動く位置、気持ちよく腕をスウィング動きの流れを作ることが重要となります。

では、

エクササイズを楽しんでください。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)