脛骨と腓骨の機能分化

脛骨と腓骨の分化

 

脛骨は体重支持

腓骨はショック吸収や足からのねじれに関与します。

それぞれ違う機能を担う二つの骨が未分化のまま、一本の骨のように使われてしまうとバランス能力が低下するし、足部から伝達されるパワーが低下しパフォーマンスもさがります。

さらに脛骨と腓骨が未分化のまま使っていると足首はもとより膝、股関節、腰、背骨、肩甲帯への影響が多大。

平成30年3月19日〜23日までの5日間行われたアラン・クェステルによるフェルデンクライス・アドバンスコースでは、踵の前に重心がかかるようにすると立ちやすく、歩きやすくなることを学んだ。

アラン・クェステル氏の写真はフェルデンクライス・ジャパンのウェブサイトから

 

踵の前に重心が来ることは、脛骨の軸を身体の重さが通っていること。

この改善には身体感覚を高めて、脛骨で体重を支持するように身体の再教育を行うことだ。

脛骨で体重を支持するように身体の再教育訓練する、もっとも手軽にできるのがUボードワーク。

このボードを使い、古里尚也先生が組み立てたプログラムを実践すれば、この機能が劇的に改善することを実感します。

開発者である理学療法士の古里尚也先生、ありがとうございます。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)