脳は予測して行動する・・・思い込み

脳内の予測機能は、人が日常生活を行う上で重要な機能

脳は様々な経験から事前予測する材料をストックして脳内モデルとしてイメージングしている。

これは運動が上達することにも使われる考えであるが、脳が事前予測するためのイメージ作成はある意味、思い込みを作っているかもしれない。

違う表現を使うと先入観に似たものとも言える。

先入観が強化されると、先入観の罠なるものがある。

これは、ある人から自分はこのような先入観を持っているということを知ってしまうと、脳はそれに合わせて演じようとしてしまう無意識の反応が起こるらしい。

しかしこれは他人の評価を気にする人が陥りやすい。

常に自分基準の人は影響を受けない。

だから、いつでもどこでも、自分らしくいることが大切だ!

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)